PR
PR

高校野球旭川支部 26日開幕 20校19チームが熱戦

 夏の甲子園出場をかけた第100回全国高校野球選手権記念大会北北海道大会の旭川支部予選の組み合わせ抽選会が12日、旭川スタルヒン球場で行われた。同球場で26日に開幕する。

 閉校などで昨年より3校少ない20校19チームがA~Dの4ブロックに分かれて出場。上富良野と東川は、同支部夏季大会で初の合同チームを組む。春季支部大会A、Bブロックで代表決定戦に進んだ旭実、富良野、旭大高、旭龍谷の4校がシード校となった。

 1回戦は26、27日、準決勝は27~29日、代表決定戦は30日、7月1日に行い、各ブロックの代表計4チームが、7月14日に同球場で開幕する北北海道大会の出場権を得る。

 留萌勢は6月26日午後0時半から留萌と羽幌が対戦。第100回大会を記念し、期間中、球場正面ホールに歴代出場校の新旧ユニホームの一部を展示する。

 開会式は26日午前9時から。旭明成の山保健太郎主将(3年)が選手宣誓する。入場料は一般500円、中高生100円、小学生以下無料。(宗万育美)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る