PR
PR

W杯へ、審判もトレーニング 日本の3人も参加

 【モスクワ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた審判員のトレーニングが12日、モスクワで公開され、日本の山内宏志副審がランニングなどで汗を流した。国際サッカー連盟(FIFA)の担当者によると、佐藤隆治主審と相楽亨副審は別のグループで調整した。

 20度を超す陽気の中、山内副審は他国の審判員と談笑しながら体を動かした。W杯で初導入されるビデオ・アシスタント・レフェリーに備えたメニューにも取り組んでいるそうで「現代のサッカーに適応するため、テクニカルの情報も入れている」と話した。

 山内副審と佐藤主審はW杯初選出。相楽副審は3度目となる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る