PR
PR

糖の代謝異常「妊娠糖尿病」と診断されたら 産後含め血糖管理大切

 妊娠で血糖値が下がりにくくなり、高血糖状態になる「妊娠糖尿病」。糖尿病には至らない糖代謝異常のことだ。妊婦の約1割に見つかり、最近は高齢出産の増加で患者も徐々に増えているとみられる。出産すると治ることが多いが、将来、本当の糖尿病になりやすい傾向がある。母体のほか胎児に影響する懸念もあり、専門家は妊娠中にしっかりと血糖をコントロールすることの大切さを強調している。

 妊娠糖尿病は、妊娠判明後の血糖の検査などで、一定の基準を超えた場合に診断される。

残り:911文字/全文:1135文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る