PR
PR

馬車で巡る川湯温泉街 無料運行スタート

 【弟子屈】硫黄山山麓に群生するイソツツジの見ごろに合わせ、川湯温泉街を周遊する無料の観光馬車の運行が始まった。

 阿寒摩周国立公園川湯地域運営協会などの主催。運行は午後3時と4時の2回で、大鵬相撲記念館前を発着する。温泉街を45分かけて巡り、ガイドが川湯温泉の歴史や硫黄山などの自然について解説してくれる。

 馬車を操縦する元ばんえい競馬調教師の久保正吉さん(75)は「けん引するばん馬の力強さと、新緑の美しい温泉街の風景を楽しんでほしい」と話す。

 硫黄山山麓の散策とセットになった有料コース(1人500円)もある。いずれも運行は7月10日まで。問い合わせは摩周湖観光協会(電)015・482・2200へ。(山本忠彦)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る