PR
PR

銭函海水浴場内に別の海水浴場開設 道に届け出

[PR]

 【小樽】小樽市銭函の海岸に以前からあった海水浴場の区域内に、別の海水浴場を開設する届け出を道が受理していたことが11日、分かった。海水浴場開設は届け出制で、書類に不備がなければ受理される。道スポーツ振興課によると、区域が重複する海水浴場の届け出を道が受理するのは初めて。

 銭函では銭函海水浴場組合が毎年、「銭函海水浴場」を開設。今回新たに北海道地域イベント推進協議会が「マリンビーチ銭函」の開設を届け出た。同協議会は札幌の会社経営者らで構成し、地域活性化に関する活動をしている。

 同海水浴場組合は4月25日に同市銭函3の海岸線の430メートルの範囲について届け出を行い、イベント推進協は5月8日、この区域内の270メートルの範囲を届け出た。届け出には、海水浴場の範囲や開設時期、管理体制、トイレやシャワーの設備などを記載。書類に不備がなく、道は受理した。

残り:145文字/全文:523文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る