PR
PR

十勝ブランデー気軽に飲んで セコマが「ハイボール」12日発売

 コンビニ道内大手セコマ(札幌)は、十勝管内池田町で30年間熟成させて製造した十勝ブランデー原酒を使用の「十勝ブランデーハイボール」を12日、道内外のセイコーマートでプライベートブランド(PB)商品として発売する。ウイスキーの消費を押し上げているハイボール人気に着目した独自の商品開発により、十勝からブランデー市場の活性化を狙う。

 ウイスキーを使う一般的なハイボールと差別化するため、道内で唯一ブランデー蒸留所を持つ池田町ブドウ・ブドウ酒研究所と商品開発を進めた。

 同研究所では1964年から、ワインを使う蒸留酒のブランデー製造を開始。今回は87年産のブドウを使用した。アルコール度数は7%。まろやかな味わいと果実のような華やかな香りが楽しめる。350ミリリットル入りで価格は1本198円。24万本限定で、売れ行きをみて追加販売する。セイコーマート店舗のほかセコマの通販サイトでも扱う。

残り:234文字/全文:627文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る