PR
PR

「カレイぱくっ」子供歓声 室蘭水族館で給餌体験始まる

 市立室蘭水族館(祝津町3)で2日、ババガレイの給餌体験イベントが始まった。子供たちはカレイが人懐っこくえさに飛びつく様子を見て歓声を上げた。

 7年目を迎えた人気の催し。子供たちがえさのイカナゴやエラコをピンセットに挟んで水槽に近づけると、体長40センチほどのカレイが体を反らして食いついた。

 室蘭市東町の伊藤彪大(ひょうた)ちゃん(4)は勢いよくかぶりつく姿に目を丸くして驚き、「もう一回やりたい」と夢中になっていた。

 週替わりでエイなどの海の生き物に直接触れられるコーナーもある。

 体験イベントは30日まで毎週土曜の午後1時半~同2時。問い合わせは同水族館(電)0143・27・1638へ。(生田憲)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る