PR
PR

志望と違った学校での生活 手助けは

[PR]

 4月は新生活が始まる時期です。進学した人の中には、受験がうまくいかなかったために、志望と異なる道を歩んだ方もいるでしょう。気持ちを切り替えて前に進めれば結構ですが、未練が残ったままだと、新しい生活を楽しめないかもしれません。受験は通過点に過ぎませんし、どの道に進もうとも新たな出会いや経験のチャンスが待っています。後悔の念を引きずっている人にどのような言葉を掛けたら、未練を断ち切って前向きな気持ちを抱いてくれるでしょうか。

 あらゆる変化が人間にとってストレスですが(それがポジティブな変化であっても適応を要するので)、特に本人にとってネガティブな変化の場合、適応に要するプロセスはそれだけ大きいものです。

残り:600文字/全文:904文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る