PR
PR

丸井今井南館、8月26日営業終了 ジュンク堂は営業継続

 札幌丸井三越(札幌)は、丸井今井札幌本店の4館のうち南館(札幌市中央区南1西1)の営業を8月26日で終え、同館から撤退することを決めた。同社の店舗は、札幌三越の2館と合わせて5館体制となる。好調な外商や主力の大通館や一条館、新規事業に経営資源を振り向け、業績のさらなる改善を図る。

 建物所有者とのビル全体対象の賃貸契約を10月末で終了する。南館は地下2階地上8階建てで売り場面積は約7900平方メートル。自社運営している5~7階の家具やインテリアなどの売り場、北海道日本ハムや北海道コンサドーレ札幌の公式グッズショップは一条館6~9階に移転する。地下2階から地上4階に丸井今井のテナントとして入っているジュンク堂書店は、建物所有者と賃貸契約を結んだ上で営業を続ける。

残り:358文字/全文:692文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る