PR
PR

日立、英での原発新設合意判断へ 根強い反対論、実現に波乱含み

 日立製作所は、週内にも英国で計画する原発新設事業の継続可否を判断する方針だ。だが英議会では、原発事故や財政悪化への懸念から反対論も根強い。英政府と計画継続で一致した後も、実現に向けては波乱含みの展開が予想される。

 日立は東京電力福島第1原発事故後の2012年に英ホライズン・ニュークリア・パワーを約890億円で買収して子会社化し、約2千億円を投じて工事の準備を進めてきた。

 英原発計画は事業費の枠組みが固まれば、建設後の電力買い取り価格に焦点が移る。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る