PR
PR

横田めぐみさん母、拉致解決祈る 米朝会談に「何か起きるかも」

 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(82)のキリスト教の支援者らが17日、東京都内で集会を開き、拉致問題の解決を祈った。あいさつに立った早紀江さんは、6月の米朝首脳会談について「どうなっていくのか胸を痛めながら、希望も持ちながら祈っている。何か起きるかもしれない」と話した。

 2000年に始まった「早紀江さんを囲む祈り会」は、この日で198回目。参加した約250人は「めぐみさんが助け出され、家族が笑顔で再会を果たせるように」と手を組み声を合わせた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る