PR
PR

17歳DF中村 攻守に躍動

ルヴァン杯出場「自信ついた」

 札幌U―18(18歳以下)のDF中村桐耶(とうや)がトップチームで好プレーを見せている。ルヴァン杯で出番を得ると、激しい守備や左足のパスで持ち味を発揮。7月で18歳になるレフティーは「試合に出ることで自信がついてきている」と手応えを感じている様子だ。(渡辺史哉)

 胆振管内むかわ町出身。186センチ、78キロ。ユース所属の2種登録選手として、ルヴァン杯1次リーグ第4節(4月18日)磐田戦の試合終了間際に途中出場し、Jリーグデビューした。

 目を引いたのは同第5節(5月9日)の甲府戦だ。後半26分、0―2の状況で出場すると、「負けていたので遠慮せずに積極的にいかないとチームに貢献できないと思った」。左センターバックの位置で、思い切りの良いスライディングタックルや鋭い縦パス、サイドチェンジを披露した。

 ただ、コーナー付近でボールをキープする相手に体を入れ替えられてかわされるなど、対人守備に課題を感じたといい、「入れ替わられたり簡単にシュートを打たせたりしないよう意識的に取り組んで自分のものにしたい」と語る。

 最終節の清水戦(16日)ではスタメン出場し、存在感は増している。目標のトップチーム昇格に向け、「この2、3カ月でトップに上がれるかどうか(クラブに)見極められると思う」と中村。プロの舞台で得た課題を糧に、日々成長を続ける。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る