PR
PR

バックストリート・ボーイズ、5年ぶり新曲発表 久々の全編ダンスMVも公開

 結成25周年を迎えた米男性5人組グループ、バックストリート・ボーイズ(以下BSB)が17日、5年ぶりとなる新曲「ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート」を配信リリースするとともに、同曲のミュージックビデオ(MV)を公開した。

【写真】バックストリート・ボーイズ5年ぶり新曲ジャケット

 ブライアン・リトレル(43)、A.J.マクリーン(40)、ニック・カーター(38)、ケヴィン・リチャードソン(46)、ハウィー・D(44)からなるBSBは、1993年4月に結成。1995年のデビューから全米1位2作品を含む8枚のオリジナルアルバムをリリースし、全世界トータルセールス1億3000万枚、日本でもミリオン3作を含む700万枚、3度のドームツアーを含む計6度のジャパンツアー通算動員数は70万人超の人気を誇る。

 結成20周年の2013年に発売したアルバム『イン・ア・ワールド・ライク・ディス』以来、5年ぶりとなる新曲「ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート」は情熱的なラブソング。「気まぐれに熱くなったり冷めたり 愛ってそういうものじゃないだろう 偽りなく愛してほしい 僕を悲しませようとしないで」と歌う。

 リリースと同時に公開されたMVは、全編ダンスパフォーマンスで構成されていることが明らかに。全編ダンスMVは、2009年発売のシングル「ストレート・スルー・マイ・ハート」以来8年ぶり。オリジナルメンバー5人そろってMVでダンスを披露するのは、最大のヒット曲「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」(99年4月発売)以来19年ぶりとなる。

 MVのディレクターは、マイケル・ジャクソン&ジャスティン・ティンバーレイク、マドンナらのMVや、スーパーボウルのハーフタイムショーでのクリエイティブも手がける2人組・リッチ+トーンが担当した。

 BSBは昨年から、米ラスベガスでのレジデンシー公演を定期化。今年も7~8月、10~11月に開催することも決定している。

【試聴】バックストリート・ボーイズの主な配信楽曲
バックストリート・ボーイズのニック、20年以上続けられた秘訣 (16年03月08日)
バックストリート・ボーイズ初期5人で7年ぶり来日公演(13年04月23日)
バックストリート・ボーイズのハウィー・Dと城田優、初コラボ (11年10月12日)
1Dハリー・スタイルズ、5ヶ月ぶり来日公演で関西弁MC (18年05月11日)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る