PR
PR

札幌で初の「鉄道貨物フェス」20日 機関車体験乗車やコンテナ迷路

 JR貨物北海道支社は20日午前10時~午後3時、「鉄道貨物フェスティバル」を同社札幌貨物ターミナル駅(札幌市白石区流通センター3)で開く。貨物用機関車の体験乗車やコンテナを使った迷路など、さまざまな企画を通して鉄道貨物の魅力を知ってもらう。

 体験乗車できるのは、赤い車体で「レッドベア」の愛称を持つDF200形ディーゼル機関車。運転室に乗り、敷地内の400メートルを往復する。抽選券を先着4千人に配り、100組400人を受け入れる。別に、停車しているDF200に乗る企画もある。

 敷地内での貨車入れ替え用として、同ターミナル駅で14年度から活躍するHD300形ハイブリッド機関車を公開する。貨車との綱引きやフォークリフト実演、保線体験、機関区体験ツアーを予定。農産品販売や札幌白石高校吹奏楽部、川下太鼓の演奏もある。同社は「鉄道貨物はあまり知られていない。子どもも楽しめます」と来場を呼び掛けている。

 入場無料。会場はJR平和駅人道橋出口から徒歩3分。駐車場はなく、会場―JR白石駅間、会場―札幌市営地下鉄東西線大谷地駅間に無料シャトルバスを各30分間隔で運行する。問い合わせは同支社総務課(電)011・737・2715へ。

残り:111文字/全文:624文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る