PR
PR

新苗穂駅11月17日開業 移転し拡大、再開発促進 連絡橋で南北つなぐ

 JR北海道は16日の記者会見で、移転新築中のJR苗穂駅(札幌市中央区)を11月17日に開業すると発表した。現苗穂駅から約300メートル西側に移し、現駅に比べ約3倍の広さの駅舎を建設する。線路で隔てられていた南北の往来が連絡橋の自由通路で便利になり、周辺の再開発の促進にもつながりそうだ。

 苗穂駅の移転新築は札幌市のまちづくり事業の一環で、JRが約7億円、市が約45億円の計約52億円を投じた。現駅は1935年建設で老朽化が進んでいた。

 新駅舎は鉄骨造2階建て、床面積は延べ1450平方メートルで、新設したホーム2面から約7メートルの高さに設けた。南北の出入り口を通じ、連絡橋の自由通路(延長約130メートル、幅約6メートル)を経て、改札口に入る。

残り:275文字/全文:599文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る