PR
PR

同一種類4回転はフリー1度に フィギュアで規則改正検討

 【ジュネーブ共同】国際スケート連盟(ISU)は16日、6月4~8日にスペインのセビリアで開く総会の主な議題を発表し、フィギュアではフリーで同一種類の4回転ジャンプを1度に制限する変更案が入った。技術点で各要素につける出来栄え点の幅をこれまでのプラス3~マイナス3の7段階からプラス5~マイナス5の11段階に拡大する規則改正案も諮る。

 男子では多種類の4回転を跳ぶ時代に突入しており、2月の平昌冬季五輪で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(ANA)はフリーでサルコーとトーループを2度ずつ組み込んだ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る