PR
PR

アメフット日大選手「監督指示」 大学は否定、悪質な反則行為問題

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦での悪質な反則行為問題で、危険なプレーをした日大の守備選手が「『(反則を)やるなら(試合に)出してやる』と監督から言われた」と周囲に話していたことが16日、分かった。関係者が明かした。日大広報部は、学内の調査に対し、内田正人監督が「違反をしろと言っていない」と述べたと明らかにし、否定した。

 関学大は、17日に記者会見を開く。日大に送付した抗議文への回答を15日に受け取っており、返答内容や対応について説明する。16日に兵庫県西宮市のグラウンドに姿を見せた鳥内秀晃監督は「ノーコメント。あした話す」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る