PR
PR

ドラマ「遙かなる山の呼び声」中標津で撮影 阿部寛さん、常盤貴子さん意欲

 【中標津】中標津を舞台としたテレビドラマ「遙(はる)かなる山の呼び声」の取材会が15日、撮影を行う町内の牧場で開かれた。取材会には出演者の阿部寛さんと常盤貴子さんが顔をそろえ、意気込みを語った。

 山田洋次監督の名作映画「遙かなる山の呼び声」(1980年公開)は、高倉健さんや倍賞千恵子さんらが出演し、中標津や別海で撮影が行われた。今回のドラマでは家族経営による完全放牧を行う牧場を舞台に、映画の世界観を残しながらも、現代の酪農情勢やオリジナルキャラクターの登場など新しい要素を加え、男女の心の機微を描く。

 悲しい過去を背負う田島耕作を阿部さんが、息子を育てながら亡き夫が残した牧場を懸命に守る風見民子を常盤さんが演じる。主演の阿部さんは「天気が良く、撮影は順調に進んでいる」と笑顔を見せ、常盤さんは「初めて中標津を訪れ、豊かな自然を毎日満喫しています」と和やかな雰囲気で話した。

 撮影は町内や近郊で5月下旬まで行われる予定。ドラマは今秋、NHKBSプレミアムで放送される。(古谷育世)

残り:574文字/全文:1017文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る