PR
PR

日2―0西(15日) レアード決勝弾、日本ハム投手戦制す

 日本ハムが投手を中心にした堅い守りで、今季2度目の零封勝ち。先発マルティネスは7回8安打無失点でチームトップに並ぶ4勝目を挙げた。打線は0―0の七回、先頭レアードの6号ソロで先制し、1死後、清宮、鶴岡の連続二塁打で追加点を挙げた。西武は好投の先発カスティーヨを打線が援護できなかった。

全文:143文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る