PR
PR

自民の改憲案批判 護憲派が国会内で集会

[PR]

 安倍政権下の憲法改正に反対する市民集会「自民党改憲案の問題点と危険性」が15日、国会内で開かれ、護憲派の憲法学者が自衛隊明記など自民党が掲げる改憲4項目を批判した。

 小沢隆一・東京慈恵医大教授(憲法学)は自衛隊を明記する条文案に関し「内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする」との文言を問題視した。自衛隊の最高指揮監督者としての首相の位置づけを憲法に明記すれば、事実上、首相の一存で自衛隊を運用しやすくなると指摘。自衛隊をより効果的に自国の軍事戦略に組み込みたい米国の思惑と合致するとして「9条改憲は日米同盟からの要請であり、グローバル(地球規模)に展開する日米安保に対応するためのものだ」との見解を示した。

残り:70文字/全文:380文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る