PR
PR

暑がり、寒がり、皮膚乾燥、倦怠感… 原因は甲状腺かも

 暑がりになって汗をたくさんかく、食欲がないのに太ってきた、肌がカサカサになった…。季節の変わり目や年齢のせい、更年期だからなどと、こうした体のサインを見逃していませんか? これらの症状はもしかしたら甲状腺の機能が異常を起こしているかもしれない。日本で甲状腺のなんらかの病気を患っている患者は10~15人に1人と少なくない。自分でできるチェックポイントを専門医に聞いてみた。

 甲状腺は首の前方、のどぼとけの下あたりに位置する内分泌器官という臓器の一種。「チョウが羽を広げたような形をしていて、成人で15~20グラム程度。通常は指で触ってもわかりません」と、甲状腺疾患を専門に扱う「さっぽろ甲状腺診療所」(札幌市中央区)の岩久建志院長(42)は話す。

残り:1087文字/全文:1411文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る