PR
PR

なっちと森三中大島が受賞 11回目のベストマザー賞

 子育て中の著名人から“憧れのママ”を選ぶ「第11回ベストマザー賞」の発表会が東京都内で開かれ、歌手の安倍なつみが音楽部門、お笑いトリオ「森三中」の大島美幸が芸能部門で受賞した。

 「モーニング娘。」でトップアイドルとして活躍した安倍は1歳の男児のママ。第2子の妊娠を明かし「子どもは、かわいくて成長もうれしくて、希望です。この先もベストマザーであり続けられるように頑張りたい」と喜びを語った。

 2歳の長男がいる大島は「出来の悪いママでして。今朝も寝坊して息子の保育園に15分遅刻するし、朝食も焼きおにぎり一つとブロッコリーだけ…」と恐縮しきり。「(受賞を)もっと頑張れよという激励と捉えて、明日からは卵焼きとみそ汁を増やしたい」と決意表明した。

 同賞はNPO法人日本マザーズ協会が主催。他に、スポーツ部門でスポーツコメンテーターの杉山愛さん、文化部門で食育インストラクターの和田明日香さん、経済部門で起業家の経沢香保子さんが受賞した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る