PR
PR

夕張支線の廃線控え全国からファン GW、2両編成で対応 今後もイベントなど開催

 【夕張】来年4月1日のJR石勝線夕張支線廃止に向け、全国から鉄道ファンが訪れている。JR北海道は、大型連休中の今月3~6日、通常1両の支線を2両編成にして運行。北端の発着駅の夕張駅ホームには支線に乗るための客の長い列ができた。

 連休中は市民有志や、夕張駅前のホテルマウントレースイの従業員らが、夕張駅ホームで黄色いハンカチを振って車両を送迎。乗客を感激させた。「廃線前に車両の写真を撮りたくて来た。予想はしていたけど、にぎわってますね」。6日、東京都から訪れた会社員吉田幹久さん(46)は夕張駅でカメラを手に話した。

残り:461文字/全文:720文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る