北海道で働こう応援会議

1 企業本来の姿を冷徹に見抜こう 平岡祥孝

 首都圏では早くも内々定や内定を出している企業もあるとの報道も見受けられます。ですが、首都圏と北海道とは別世界。道内就職を目指すならば、着実な準備と活動は必要ですが、何ら慌てる必要はありません。

 ただし、そろそろ志望企業を絞り込みながら、優先順位を決めなければなりません。もちろん業界研究から企業研究に深めていく方法が正攻法でしょう。この業界ではなくてはならないと、決め打ちをしている場合は一貫性を否定しません。

 しかし、同一業界に属する企業であっても、企業ごとに組織文化や企業風土は異なります。あくまでも私見ながら、業種優先よりも企業優先で選ぶ方法もあると思います。とりわけ事務系ならば、扱う商品やサービスが異なるだけで、営業事務、販売事務、総務事務、経理事務、など、企業が違えども求められる基礎力は何ら変わらないのでは。

 人を大切にする企業、働き甲斐のある企業を見分けるためには、経営理念や業務内容そして待遇や福利厚生を丹念に調べることもさることながら、採用担当者のマナーを含めた言動を冷静にかつ可能な限り客観的に把握することが肝要です。採用担当者の水準が当該企業の実態を映し出す鏡。大言壮語や美辞麗句に惑わされることなく、その企業本来の姿を冷徹に見抜いていくことです。これからの単独企業説明会への参加は一球入魂の覚悟を。

<略歴>平岡祥孝(ひらおか・よしゆき) 1956年、大阪市生まれ。85年、北海道大学大学院農学研究科修士課程修了。九州大学で博士号(農学)を取得した。2012年から札幌大谷大学社会学部教授。学生の就職支援やインターンシップ事業にかかわる。男女共同参画、ワーク・ライフ・バランス、仕事論などをテーマに講演多数。01年、日本消費経済学会賞受賞。著書は「ミドルの仕事論」、「インターンシップの現場から見た仕事」、「『それでも大学が必要』と言われるために」など。現在、北海道新聞夕刊(札幌圏など)に「水曜コラム ひらさんの異論暴論青論」を連載中。

北海道の企業を探すなら
スキャナビ北海道 Jobチェン!札幌 JOBWAY ジョブカフェ北海道 札幌UI就職ナビ 札幌市就業サポートセンター
どうしんジョブダス就活2019
どうしんジョブダス求人
就活の道 楽しもうぜ
北海道で働こう応援会議とは
北海道の魅力発信
北海道で暮らそう 北海道Likers 札幌移住計画 北海道で農業をはじめるサイト 釧路・根室 はたらきぐらし あさひかわ移住ワンストップ窓口 はたらくあさひかわ
ページの先頭へ戻る