PR
PR

春の叙勲4151人 道内は220人

[PR]

 政府は29日付で2018年春の叙勲受章者を発表した。今回最高位の旭日大綬章は石原邦夫元東京海上日動火災保険会長(74)や武部勤元農水相(76)=北見市=ら16人、瑞宝大綬章は笠間治雄元検事総長(70)ら7人の計23人に決定。将棋棋士の加藤一二三さん(78)や作詞家の阿木燿子(本名・木村広子)さん(72)、映画監督の北野武さん(71)らに旭日小綬章を贈る。受章者数は旭日章976人、瑞宝章3175人の4151人。うち道内在住者は旭日章57人、瑞宝章163人の計220人で、都道府県別で道内は東京、神奈川に次いで3番目に多い。

 全体に占める女性は399人(全体の9・6%)、民間人は1906人(同45・9%)で、03年の制度改正後、人数はともに最多。

 旭日大綬章はこのほか、大谷剛彦元最高裁判事(71)、川端達夫元衆議院副議長(73)らに贈呈。瑞宝大綬章はこのほか、梶田信一郎元内閣法制局長官(70)、佐々木毅元東大学長(75)らに決まった。

 道内関連では、今津寛元防衛庁副長官(71)=旭川市=が旭日重光章に決定。藤本明元日弁連副会長(70)=札幌市西区=らは旭日中綬章を受章した。瑞宝中綬章には、雨貝尚子道教大名誉教授(79)=同厚別区=らが選ばれた。

残り:372文字/全文:900文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る