PR
PR

北大名物ジンギスカンパーティー、セイコーマートでできる キャンパス内に7月開業

 コンビニ道内大手のセコマ(札幌)は18日、札幌市北区の北大キャンパス内に、北大名物のジンギスカンパーティー(ジンパ)もできる屋外テラスを設けたセイコーマート北海道大学店を7月下旬にオープンすると発表した。出店を機に、同社は北大と地域創生連携協定を締結し、地域経済の活性化に向けて食の分野などで協力する。

 北大構内にコンビニが出店するのは大学病院内を除き初めて。店舗予定地はキャンパス中心部にある中央食堂付近で、教育学部や理学部が近い。原則24時間営業で、早朝や深夜にも研究することが多い学生や教職員らのニーズにも応える。

 店舗は2階建てで、2階に設ける屋外テラス席で学生らがジンパも楽しめる。1階の売り場でセコマオリジナルのジンギスカンや、カット野菜など食材がそろう。2階の屋内に約100席のイートインスペースを整備し、学内のセミナーやイベントなどにも使えるようにする。1階には北大の歴史や最先端の研究成果などを学外に発信する広報スペースも併設する。

 連携協定は今月23日に結ぶ。北大の農業・食分野での技術やノウハウを、セコマグループの食品製造から物流までの一連の流通システムで試験的に取り入れるほか、新商品の共同開発も進める。

 セコマは「歴史と伝統のある北大構内への出店はうれしい。学生、教職員、観光客などに喜んでもらえる、これまでにない店づくりを北大と共に行っていきたい」(広報室)としている。(佐々木馨斗)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る