PR
PR

太田光、新刊本で“テレビ”と“笑い”に斬り込む 談志さん&たけしとの“鼎談”秘話も

 爆笑問題の太田光(52)が、6年ぶりとなる語りおろし本『違和感』(扶桑社)を20日に発売する。今年でコンビ結成30周年を迎えた太田が、今の世の中で起きているさまざまな事柄に鋭く斬り込んでいく。

【画像】爆笑問題30周年記念単独ライブのタイトルが『O2-T1』に決定

 同書ではテレビ、笑い、人間関係、戦争、憲法九条など「そういうもんだろう」と受け流していた世間の論調に対して、太田が“常識”をひっくり返し、新たな見方を提示。さらに、尊敬するビートたけし、立川談志さんと太田の3人が上野うなぎ屋で語り合った抱腹絶倒の芸能ウラ話なども収録されている。

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾ら「新しい地図」のメンバーが主演を務めたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』では、草なぎが出演する『光へ、航る』でメガホンを取り、8月31日と9月1日に行われる単独ライブ『O2-T1』ではコントを披露。メモリアルイヤーにふさわしく、新たなチャレンジを続けている太田の頭の中が、同書を通してのぞきこむことができそうだ。

4時間生放送『爆笑問題の日曜サンデー』10周年 密着取材で感じた爆笑問題の“ラジオ愛” (18年04月15日)
爆笑問題、コンビ結成30周年の覚悟 激変の芸能界はチャンス?「ワクワクする」 (18年04月08日)
爆問・太田光も大注目! 九州KBCの還暦アナ・沢田幸二がラジオで放つ超高速の毒舌 (18年04月13日)
芸能事務所タイタン、コミュニケーションカレッジ「タイタンの学校」10月に開校 (18年04月11日)
日本エレキテル連合、単独ライブで初の試み (18年04月10日)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る