PR
PR

「強固な同盟を発信」 安倍首相、米へ出発 18日にトランプ氏と会談

 安倍晋三首相は17日午後、米南部フロリダ州でトランプ米大統領との首脳会談に臨むため、政府専用機で羽田空港を出発した。会談では6月上旬までに行われる予定の米朝首脳会談に備え、北朝鮮の核・ミサイル放棄に向けた方策をすり合わせるほか、日本人拉致問題について米朝会談で取り上げるよう要請する。

 トランプ氏との首脳会談は通算6度目。フロリダ州パームビーチにあるトランプ氏の別荘で現地時間17、18両日に行われる。森友・加計(かけ)学園を巡る問題などの内政課題を抱える首相は今回外交で成果を上げ、局面打開につなげたい考えだ。

 首相は出発に先立ち、官邸で記者団に「北朝鮮問題、経済問題について日米の連携を確認し、強固な日米同盟の絆を発信していきたい」と強調。森友・加計問題や財務事務次官のセクハラ疑惑に関し「私自身が一つ一つの問題について責任を持って全容を解明し、うみを出し切っていく決意だ」と述べた。

残り:165文字/全文:560文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る