PR
PR

新潟知事「進退の結論は出ず」 近く表明、女性問題取材に

 新潟県の米山隆一知事は17日、県庁で記者会見し、自身の進退について「結論は出ていない」と述べた。「1、2日の整理する時間を与えてほしい」とも語り、近く辞職するかどうかを表明する考えを示した。週刊誌が自身の女性問題を取材し、近く報じられる可能性があることを受け、周辺に辞職の意向を伝えていた。

 知事は2016年、3期務めて不出馬を表明した泉田裕彦前知事の任期満了に伴う知事選で、共産、社民両党などの推薦で無所属として立候補。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重だった泉田氏の「路線継承」を掲げ、自民、公明両党推薦の候補らを破り初当選した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る