PR
PR

中国成長横ばい6・8%増 1~3月期対米摩擦 先行き懸念も

 【北京今川勝照】中国国家統計局が17日発表した今年1~3月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6・8%増だった。成長率は2017年7~9月期から3四半期連続で同水準。個人消費の伸びなどが寄与し、18年通年の政府目標の「6・5%前後」を上回った。だが、米中の貿易摩擦で輸出の先行きは懸念もあり、景気失速の不安定要素を抱えている。

 同時に発表された主な経済統計を見ると、1~3月の小売総額は9・8%増と堅調で、特に35・4%の伸びを示したネット通販がけん引した。

 一方、都市部の固定資産投資は7・5%増で、伸び率は前年同期より1・7ポイント縮小した。このうちインフラ整備は13・0%増で、17年通年の19・0%増より鈍化した。中央政府が地方政府の債務の膨張を抑制するため、地方の投資プロジェクトを引き締めているためとみられる。

残り:321文字/全文:701文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る