PR
PR

米、ITでも中国に対抗措置か クラウドなど、通商摩擦拡大も

 【ワシントン共同】米ダウ・ジョーンズ通信は16日、トランプ米政権が中国に対し、ネットワーク上で情報を処理するクラウドサービスなどIT分野での対抗措置を検討していると報じた。トランプ政権は知的財産権の侵害に対抗する制裁措置として、中国から輸入する製品に高関税を課すと表明し、課税の品目案を公表している。

 ITサービスでも中国に圧力をかけることで、通商摩擦がさらに拡大する恐れもありそうだ。

 クラウドサービスは、ネットワークを通じてデータやソフトウエアを提供する。データの保存や分析などを含み、IT産業でも今後の高成長が期待されている分野。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る