PR
PR

黒石ねぷたばやし講習会スタート

 黒石青年会議所が主催する恒例の「正調黒石ねぷたばやし講習会」が14日夜、青森県黒石市スポーツ交流センターで始まった。子どもからお年寄りまで市内外の約130人が、夏のねぷた祭り本番に向けてスタートを切った。

 開講式で、同会議所の高木雄平理事長が「いっぱい練習して、まつり本番では腕前を披露して」とあいさつ。参加者を代表し、田澤煌大君(黒石小4年)、小川礼央奈さん(中郷小5年)が「注意事項をよく守り、技術向上のために進んで講習会に参加します」と元気よく宣誓した。

 この後、受講生は笛、太鼓、かねのパート別に分かれて「正調黒石ねぷたばやし保存会」の指導を受けた。最初は一人一人が確かめるように音を出していたが、徐々に生き生きした演奏に変化し、会場は熱気に包まれた。

 講習会は今年で50回目の節目を迎え、6月3日まで計8回予定している。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る