PR
PR

政権批判のロシア人記者死亡で臆測 欧州安保協力機構が捜査呼び掛け

 【モスクワ共同】ロシア中部エカテリンブルクで地元男性記者のマクシム・ボロディンさん(32)が自宅アパートの5階から転落死したことが臆測を呼んでいる。ロシアで禁止されている民間軍事企業がシリアにロシア人義勇兵を派遣しているとする告発記事を書くなど政権に批判的な論調で知られていた。

 ロシアでは政権に批判的な記者が殺害される事件が相次いでおり、欧州安保協力機構(OSCE)は16日、ロシアに綿密に捜査するよう呼び掛けた。

 ロシアメディアによると、ボロディンさんは12日に意識不明の状態で見つかり、15日に病院で死亡。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る