PR
PR

米、対ロ制裁見送りか トランプ氏指示と報道

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は16日、米政府が準備していた新たな対ロシア独自制裁の発動をトランプ大統領が差し止めたと報じた。シリアのアサド政権の化学兵器使用を阻止しなかったとして後ろ盾のロシアへの独自制裁を16日に発動する見通しだったが、ロシア側にも制裁を見送る意向を伝えたという。

 米政府高官は状況の変化がなければ、トランプ氏が追加制裁を承認することはないと説明。トランプ氏はシリアでの化学兵器使用阻止のためロシアにも強硬姿勢で当たるとしていたが、一貫した戦略は示されないままで混乱が生じている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る