PR
PR

化学兵器禁止機関、18日に現地調査 シリア疑惑でロシア表明

 【モスクワ、ブリュッセル共同】シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで化学兵器が使用された疑惑を巡り、ロシア軍幹部は16日、化学兵器禁止機関(OPCW)の現地調査が18日に行われるとの見通しを明らかにした。タス通信が伝えた。

 OPCWによると、調査チームは14日にダマスカスに到着した。シリアとロシアの当局者から「安全上の問題」でドゥーマにはまだ入れないと説明されたが、シリア当局からは目撃者22人をダマスカスに連れてきて聞き取り調査をさせるとの提案を受けたという。

 ドゥーマはロシアの支援を受けたアサド政権軍が14日に完全制圧している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る