PR
PR

メロン販売22億円目標 夕張市農協 本年度事業計画を承認

[PR]

 【夕張】夕張市農協(加藤春之組合長)は13日、同農協で通常総会を開き、特産の夕張メロンの販売額を2017年度比0・2%減の22億7千万円、出荷量を4002トンとする18年度事業計画を承認した。

 17年度の夕張メロン販売額は前年度比3・8%減の22億7400万円だった。5月上旬の日照不足と夏場の高温の影響で、出荷シーズン前半に品薄状況が続き、高値となった。シーズン後半は一時的に出荷量が増え、価格が低迷した。

残り:128文字/全文:333文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る