PR
PR

前長官「道徳的に大統領不適格」 トランプ氏批判

 【ワシントン共同】トランプ米大統領に昨年5月に解任された連邦捜査局(FBI)のコミー前長官は15日放送のABCテレビのインタビューで、トランプ氏は平気でうそをつくとして「道徳的に大統領には不適格だ」と痛烈に批判した。

 コミー氏は、ロシアがトランプ氏に打撃を与える情報を持っている可能性も示唆。昨年2月、国家安全保障問題担当の大統領補佐官だったフリン氏への調査をやめるよう促されたとされる点について、司法妨害に当たる可能性があると答えた。

 コミー氏は近く出版する回顧録でトランプ氏批判を展開している。トランプ氏は、「汚いやつめ」などとツイッターに投稿してる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る