PR
PR

夫婦別姓訴訟、国争う姿勢 青野氏「経済的損失」

 夫婦別姓を選択できないのは戸籍法の欠陥で憲法違反だとして、東京のソフトウエア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長(46)ら4人が国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、東京地裁で開かれ、国は争う姿勢を示した。

 青野氏は戸籍上は妻の姓を選択したが、仕事では旧姓の「青野」を使用。「現行の法律制度は戸籍の姓と旧姓の使い分けという手間を発生させ、大きな経済的損失を招いている」と意見陳述した。

 他の原告は神奈川県の女性と東京都の事実婚の男女。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る