PR
PR

7人死傷の遺族らサーキット提訴 練習走行中の事故で岡山地裁に

 「岡山国際サーキット」(岡山県美作市)のレーシングコースで昨年4月、練習走行中のオートバイが次々に転倒し、7人が死傷した事故で、遺族らが16日、サーキットの運営会社と親会社のアスカ(愛知県)に対して安全管理が不十分だったとして、計約3億5千万円の損害賠償を求めて岡山地裁に提訴した。

 原告は死亡した徳島県小松島市の今井伸也さん=当時(42)=と岡山市南区の内田正人さん=当時(38)=の遺族ら。

 訴状では、1台のオートバイから漏れたオイルが路面に広がったことが事故の原因とし、サーキットが適切な場所に監視員を配置しなかったためにオイル漏れを発見できず、走行中止を知らせる赤旗での表示が遅れたと主張。現場では以前にも死亡事故があり「コースとして安全性を欠いた」としている。

 代理人弁護士によると、遺族らはサーキットに安全管理の改善を求めるため提訴に踏み切ったという。

 サーキット運営会社の担当者は取材に対し「コース上の監視カメラと監視員で二重チェックをしていた。事故を確認したときは赤旗を上げて危険を知らせた」と話している。

 事故は昨年4月24日に発生。サーキットが発行するライセンスを持ったアマチュアらが走行中に7台が相次いで転倒し、2人が死亡、男性5人が重軽傷を負った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る