PR
PR

マリモの阿寒湖で氷割り 遊覧船、春の航路づくり

 国の特別天然記念物マリモが生息する釧路市の阿寒湖で16日、結氷のため運休している遊覧船「ましゅう丸」(188トン)が、湖面の氷を割って航路をつくる作業を本格的に始めた。

 運航する阿寒観光汽船(同市)によると、湖は例年、気温が氷点下15度近くになる12月下旬ごろに結氷し、氷の厚さは最大60~80センチほどになる。

 今月21日から約1週間、観光客もましゅう丸に乗って「氷割り」を体験できる。ましゅう丸は5月1日から11月末まで、湖内のチュウルイ島にある「マリモ展示観察センター」や湖畔を約85分かけて巡る定期便として運航する。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る