PR
PR

北星余市高が編入相談会 札幌 存続へ入学者あと3人

 生徒減による存廃が焦点になっている北星学園余市高(後志管内余市町)が15日、札幌市内で編入・転入者向けの教育相談会を開いた。余市高への進学を検討している中学卒業者の保護者らが集まった。

 教員が余市高の概要を説明し、在校生や卒業生らが高校生活をテーマにパネルディスカッションを行った。余市高を運営する学校法人北星学園(札幌)は、年70人以上の入学者を存続条件とするが、本年度は67人にとどまる。学園は5月1日現在で条件を満たさない場合、2019年度の新入生募集を停止する方針。

残り:119文字/全文:357文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る