PR
PR

今年で最後、ひっくり返したい 陸別でパッチ大会

 【陸別】30回目を迎えたパッチ(メンコ)の大会「日産カップオールジャパンパッチ選手権大会」が15日、十勝管内陸別町の町タウンホールで開かれた。陸別の春の名物イベントとして長年親しまれてきたが、実行委メンバーの高齢化などで今年が最後となった。

 この大会は、まちおこしグループが中心になって1989年にスタート。日本玩具協会とオールジャパンパッチ協会の公認を受け、毎年開催してきた。しかしグループのメンバーが減り、残るメンバーも60代以上となったことから幕を下ろすことになった。

 最後の大会には十勝管内をはじめ道内外から約100人が出場。シラカバを輪切りにした競技盤の上で、相手のパッチをはじき出したり、裏返したりして勝敗を競った。神奈川県の会社員西川学さん(61)が2年連続で勝ち残って名人位となり「大会が終わるのは残念」と惜しんでいた。

残り:75文字/全文:444文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る