PR
PR

大野克之氏が初当選 現職を大差で破る 新ひだか町長選

 【新ひだか】任期満了に伴う日高管内新ひだか町長選は15日投票、即日開票の結果、元道農政部競馬事業室長の新人大野克之氏(59)=無所属=が、現職酒井芳秀氏(73)=同=を大差で破り、初当選を果たした。

 8年ぶりの選挙戦となった。当日有権者数は1万9111人。投票者数は1万3998人で、投票率は73・25%。2010年の前回を6・27ポイント下回った。無効票は127。

 大野氏は2月末に約40年務めた道職員を退職。出馬表明が3月上旬と出遅れたが、基幹産業である1次産業強化や町政運営の透明化などを訴え、批判票を掘り起こした。元道議会議長の酒井氏は3期12年の実績をアピールしたが、支持に広がりを欠いた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る