PR
PR

道内最古の茅沼炭鉱の歴史見て 資料100点、泊で回顧展

 【泊】村内にあった道内最古の炭鉱、茅沼炭鉱に関する回顧展が公民館で開かれている。実際に使われていた資機材なども含め資料約百点を展示している。

 村教委の主催。回顧展では、石炭を積み出すために敷設されていた国内最古のレールや、石炭を岩内港まで運搬するための架空索道、茅沼地区の往時の生活の様子などを豊富な写真で解説している。

 また、元従業員から村に寄付された事故発生時に一酸化炭素中毒を防ぐために呼吸を補助する自己救命器や削岩機なども並ぶ。

残り:89文字/全文:308文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る