PR
PR

【回答者 塚越朱美弁護士】相続人の叔父の借金、返す義務は?

質問 半年前、私以外に身寄りのない叔父が亡くなりました。叔父名義の預金約30万円は葬儀費用に充てました。つい先日、叔父の友人から「叔父に300万円を貸していた。相続人であるあなたが払う義務がある」と連絡がありました。どうしたらいいですか。

回答 ご相談の事案では、まず相続放棄の手続きについて検討する必要があります。相続人は、相続開始により、亡くなった方(「被相続人」といいます)の財産上の権利義務を承継したことになりますが、相続放棄手続きをすることで、権利義務の承継を拒否することができます。

 相続放棄は、原則として、相続人が「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3カ月の熟慮期間内に、家庭裁判所に申し立てをする必要があります。この「自己のために相続の開始があったことを知った時」とは、原則として、被相続人が死亡したことと、これにより自己が相続人になったことを知った時を指します。

 ただし判例では、3カ月以内に相続放棄をしなかった場合でも、その理由が、相続人が被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり、そのように信じたことについて相当な理由があるなど一定の事情が認められる場合には、例外的に「相続財産の全部または一部の存在を認識した時、または通常これを認識できる時」から起算すべきだとされています。

 ご相談の事案では、被相続人が亡くなってから半年が経過していますが、本件の負債はつい最近に判明したとのことなので、まだ熟慮期間は経過していないと主張できる可能性があります。

 なお、相続人が被相続人の財産の一部または全部を処分した場合には、相続の単純承認をしたとみなされ、相続放棄ができなくなる恐れがあります。ただし葬儀費用に充てる行為は社会的儀式としての必要性の見地から自然な行動であるから、その出費額が社会的にみて不相当に高額のものとはいえない場合には、相続財産の処分には該当しない、とした裁判例があります。葬儀費用に30万円を充てる行為は不相当に高額とはいえませんので、本件では相続の放棄手続きに支障はないと考えられます。

(つかごし・あけみ)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る