PR
PR

大飯4号機、5月9日にも再稼働 関電、6月上旬の営業運転目指す

 関西電力が、大飯原発4号機(福井県おおい町)を5月9日にも再稼働させることが11日、関係者への取材で分かった。原子力規制委員会の審査に合格した原発の再稼働は4原発7基目。6月上旬の営業運転開始を目指す。

 10日に営業運転を始めた3号機、昨年から営業運転を続けている関電高浜3、4号機(同県高浜町)と合わせ、近接する計4基が同時に運転することになる。

 関電は11日、4号機の再稼働に向け、試験的に原子炉を使うための申請書を規制委に提出。原子炉を起動しても問題ないことを確認するため、5月2日から冷却水の温度や圧力を通常運転中に近い状態まで上昇させる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る