PR
PR

東海大札幌に対外試合禁止 未成年部員が飲酒 学生野球協会

[PR]

 日本学生野球協会は10日に開いた審査室会議で、大学1件、高校7件の処分を決めた。大学では未成年の部員の飲酒があった東海大札幌を3月21日から4月29日までの対外試合禁止処分とした。今月30日に始まる春季リーグ戦には参加できる。

 札幌学生野球連盟によると、東海大札幌は3月中旬に千葉県で行われた合宿中、入学予定者15人と当時1年生14人がそれぞれ合宿所内で飲酒。後日、ごみの中からビールの空き缶などが見つかり発覚した。飲酒の強要はなかったという。

残り:129文字/全文:352文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る