PR
PR

地下鉄東西線 大通駅、琴似駅 エレベーター増設へ

 札幌市は本年度、市営地下鉄東西線の大通駅(中央区)と琴似駅(西区)にエレベーターを1基ずつ増設する。南郷7丁目駅(白石区)にはエスカレーターを1カ所増やす。地下鉄駅での昇降機設置は7年ぶり。市は高齢化などへの対応や冬季五輪・パラリンピック招致を目指していることから「今後もバリアフリー化を進めたい」としている。

 大通駅では、東側(バスセンター側)の地下1階にある輸入食品店前と地下2階をつなぐ階段を撤去し、そこにエレベーターを造る=図参照=。5月に着工し、来年3月中旬に利用開始の予定だ。

 大通駅の地下1、2階をつなぐエレベーターは改札の外にはなく、車いす利用者や高齢者らが移動しやすくなるという。エレベーターは現在6基あるが、3基は西側に集中し、残り3基は東豊線専用となっている。

残り:354文字/全文:696文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る