PR
PR

裁判は原告に限る

[PR]

 「裁判は原告に限る」。仕事の顧客から訴えられ、被告としての裁判を経験した方の言葉です。結果としては勝ったものの、被告の立場はつらかった。もし次に裁判を経験するなら、原告になるに限る、と。

 たしかに、そうかもしれません。

 裁判の原告は、事前に勝算を見極め、仮に厳しい見通しでも、それでもやるんだと決意し、時間、労力、費用の負担をも覚悟の上で、被告を訴えます。他方、訴えられる被告の側には、原告ほどの心の準備がありません。

残り:416文字/全文:626文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る