PR
PR

北5西1高層ビル構想にJR北海道が参入検討 札幌新幹線駅舎の南側

[PR]

 札幌市が主導する「北5西1街区」再開発構想に、JR北海道が参入を検討していることが29日分かった。この街区は北海道新幹線札幌駅ホーム「大東(おおひがし)案」で、北側に新幹線駅舎が建設予定の市有地。JRは「JRタワー」から連なる商業ビル群の実現へ、詳細を詰めて市に打診する方針だ。

 再開発への参入希望企業が明らかになったのは初めて。札幌市は2030年度末の新幹線延伸までに、民間と協力して高層ビルを建てる構想で、JRタワーと「ツインタワー」を形成する再開発の目玉事業だ。

残り:92文字/全文:327文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る